■ 東京事変

     東京事変    椎名林檎嬢はこちら .
 ○ヴイクラblog α慶良間潜水隊 β豆腐よう γクラブハウスサンド δスクーバダイビング ε高蔵寺 ○東京事変@ヴイクラブ春日井 ○椎名林檎@ヴイクラブ春日井  林檎同盟

東京事変(とうきょうじへん、英表記:Tokyo Incidents)は、椎名林檎を中心に結成された、日本の5人組バンドである。所属レコード会社はEMIミュージック・ジャパン/Virgin Music。

第1期
2003年秋の椎名林檎のライブ「雙六エクスタシー」のために結成される。

2004年にフジ・ロック・フェスティバル等のライブ参加を経て、同9月にシングル『群青日和』でメジャーデビュー。10月にはシングル『遭難』、11月にはアルバム『教育』、12月にはPV集『tokyo incidents vol.1』を、4ヶ月連続でリリースした。

2005年には初めてのライブツアー「東京事変 live tour 2005"dynamite!"」を行う。だがその年の7月1日に、H是都M(エイチ ゼット エム)と晝海幹音(現・ヒラマミキオ)がそれぞれの活動のため、脱退を発表。なお、この2人の脱退は「dynamite!」ツアーが行なわれる前に既に決定していたのだという。これまでの活動をしたメンバーは、以降「第1期メンバー」と称される。

第2期
シングル『修羅場』、アルバム『大人(アダルト)』の製作に合わせて、伊澤一葉と浮雲の2名がバンドに参加。この2人が加わったことにより現在のメンバーとなる。

2006年1月25日に発売されたアルバム『大人(アダルト)』は、発売1週目で17.0万枚を売り上げ、初のオリコンチャート第1位獲得を果たした。また、2月には日本武道館と大阪城ホールにて新メンバーの顔見世ライブ「DOMESTIC! Virgin LINE」、4月からは約2ヶ月にわたり、全国17都市でアルバムをひっさげてのライブツアー「"DOMESTIC!" Just can't help it.」を立て続けに実施。同年末には、COUNTDOWN JAPAN 06/07にも出演した(12月30日:幕張、12月31日:大阪)。

2007年7月11日には4作目のシングル『OSCA』、8月22日には5作目のシングル『キラーチューン』を発売。更に9月26日に3作目のアルバム『娯楽(バラエティ)』のリリースと10月18日から全国7都市でのライブハウスツアー「東京事変 live tour 2007Spa & Treatment」実施された。なお椎名は前作『大人(アダルト)』の発売インタビューの際の「(今後について)自分は曲を書かず、作詞と歌のプレイだけに関わったアルバムを作ってみたい」といった発言のとおり、『OSCA』、『キラーチューン』、『娯楽(バラエティ)』では作詞と歌唱のみを担当した。11月21日には、「東京事変 live tour 2007Spa & Treatment」で披露された新曲『閃光少女』が、DVDで発売された。

2008年、椎名林檎としてのデビュー十周年ということもあり、椎名は久しぶりにソロ活動を再開した。そのため、夏に開催されたライジング・サン・ロックフェスティバルには、ソロとバンドの両方で参加することになった。また東京事変としての活動も限定的だった。

2009年、前年に引き続き、椎名はソロとしての活動を継続して久しぶりのニュー・アルバムを発表した。そのため、年前半は椎名以外のメンバーもそれぞれの活動に専念することになった。 亀田は本業のプロデューサーとして様々なアーティストたちと仕事をし、刃田はフジファブリックのレコーディングやライブにサポート・メンバーとして参加した。また伊澤は、ELLEGARDEN(現在活動休止中)の細美武士が結成した新バンド「the HIATUS」にツアーメンバー(堀江博久が出演できない時の代役)として参加。 10月1日、年末のCOUNTDOWN JAPAN 09/10への出演が発表された。 また同年末、4作目のアルバムへ向けて2年ぶりに活動を再開。12月2日に6作目のシングル「能動的三分間」をリリース。自身初のオリコンシングルチャート初登場1位を獲得した。同楽曲は江崎グリコ「ウォータリング キスミントガム」のCMソングに起用され、そのイメージキャラクターに椎名が起用された(また、同CMのナレーションは浮雲が担当している)。椎名がCMに出演するのは初めてのことであった。

2010年2月24日には待望の4作目となるアルバム『スポーツ』がリリースされ、アルバムでは『大人(アダルト)』以来のオリコンチャート1位を獲得した。同年3月からは全国ツアー「東京事変 live tour 2010 ウルトラC」が行われた。

7月21日よりテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「熱海の捜査官」主題歌の「天国へようこそ」が、28日には「ウォータリング キスミント」CMソングに起用された「ドーパミント!」が配信限定でリリースされた。

2011年2月23日には7作目のシングル「空が鳴っている/女の子は誰でも」をリリースする予定だったが、同年2月10日に刄田が公務執行妨害で逮捕されたため、発売延期とプロモーション活動の自粛を発表。 「空が鳴っている」は4度目となる「ウォータリング キスミント」のCMソングに、「女の子は誰でも」は資生堂「マキアージュ」のCMソングにそれぞれ起用され、同時にイメージキャラクターに椎名が起用される事が決定していたが、今回の不祥事により、キスミントのCMでは16日から名義を「椎名林檎」とした上で、同楽曲の別アレンジバージョンが使用される事となった。マキアージュのCMも同様の処置が取られ、こちらは期日通りに放映された。また、テレビ朝日系列ミュージックステーションに二週出演予定が取り消される事態にもなった。

3月14日に刄田は略式裁判により罰金刑となった為、協議の結果4月5日から活動を再開する事となった。今回の一連の件に関して、刄田は公式ウェブサイトにて謝罪している。また、発売未定だった上記シングルは5月11日にリリースされた。6月29日には5作目のアルバム『大発見』をリリース予定。また、9月からは全国ツアー「東京事変 Live Tour 2011 Discovery」が開催される予定。

現在のメンバー
椎名林檎(シーナ リンゴ) - ボーカル担当。
亀田誠治(カメダ セーヂ) -ベース担当。
刄田綴色(ハタ トシキ) - ドラムス担当。
浮雲(ウキグモ) - ギター担当。
伊澤一葉(イザワ イチヨウ) - キーボード・ピアノ・ギター担当。

第1期メンバー(首謀者)
椎名林檎 - 声弦(ボーカル)を担当。
亀田誠治 - 四弦(ベース)を担当。
刄田綴色 - 太鼓(ドラムス)を担当。
H是都M(エイチ ゼット エム) - 鍵盤(ピアノ)を担当。(H17.7.1 脱退 引き続きPE'Zの一員として活動)
PE'Zのメンバーヒイズミマサユ機としても活動。
晝海幹音- 六弦(エレキギター)を担当。(H17.7.1 脱退 ソロ名義をヒラマミキオとして活動)


CD
シングル
群青日和 (2004年9月8日)
 初回生産限定盤"三部作インデックス”仕様
遭難 (2004年10月20日)
 初回生産限定盤"三部作インデックス”仕様
修羅場 (2005年11月2日)
OSCA (2007年7月11日)
 初回生産限定盤”ギザギザ”仕様
キラーチューン (2007年8月22日)
 初回生産限定盤”ギザギザ”仕様
能動的三分間 (2009年12月2日)
 初回生産限定盤 全国ツアーチケット先行抽選予約案内封入
 江崎グリコ「ウォータリングキスミント」CMソング
空が鳴っている/女の子は誰でも (2011年5月11日)
 初回生産限定盤 全国ツアーチケット先行抽選受付シリアル・ナンバー封入
 「空が鳴っている」江崎グリコ「ウォータリングキスミント」CMソング
 「女の子は誰でも」資生堂「マキアージュ」CMソング

配信限定シングル
いずれもCD化されておらず、1曲のみ収録のシングルである。
秘密 for DJ (2006年3月23日)
恋は幻 for musician
黄昏泣き for mother
 アナログ盤のみのアルバム「ADULT VIDEO ORIGINAL SOUNDTRACK」収録曲から3曲を1曲ずつシングル化したもの。
 この他に音源としては先述のアナログ盤、映像としてはDVD「ADULT VIDEO」に収録。
少女ロボット (2006年8月30日)
 シーナ・リンゴがともさかりえに提供した楽曲をセルフ・カヴァーした作品。アルバム未収録。
閃光少女 (2007年11月21日)
 この他に音源としてはアナログ盤のみのアルバム「娯楽 (ヴァラエティ) 増刊号」、映像としてはDVD「閃光少女」に収録。
天国へようこそ (2010年7月28日)
 テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「熱海の捜査官」主題歌。モバイル配信は7月21日より配信開始。
ドーパミント!
 江崎グリコ「ウォータリングキスミント」CMソング。
夜明けのうた (2011年4月12日)
 岸洋子のカバー曲。YouTubeにて公式配信された

アルバム
教育 (2004年11月25日)
 初回生産限定盤"三部作インデックス”仕様
大人(アダルト) (2006年1月25日)
 初回生産限定盤 "HOMME"仕様【CD+DVD:2枚組】
通常盤 "FEMME"仕様【CD】
娯楽(バラエティ)(2007年9月26日)
 初回生産限定盤"ギザギザ"仕様 feat.スリープケース

アナログ
群青日和/遭難 (2004年11月25日)※初回限定生産
ADULT VIDEO ORIGINAL SOUND TRACK (2006年3月23日)
娯楽(バラエティ)増刊号(2007年11月21日)

DVD
tokyo incidents vol.1 (2004年12月8日)
 初回生産限定盤"ピクチャーレーベル"仕様
Dynamite in (2005年7月13日)
Dynamite out (2005年8月17日)
 初回生産限定盤“出入口ケース”(Dynamite in & out)仕様
ADULT VIDEO (2006年3月23日)
Just can't help it. (2006年9月6日)
 初回生産限定盤"デジパック”仕様
閃光少女(2007年11月21日)
 初回生産限定盤”ギザギザ”仕様
Spa & Treatment (2010年3月26日)
 ライブ会場・通信販売限定
 2010年8月25日 一般販売
ウルトラC (2010年8月25日)

Wikipedia : 東京事変


東京事変


東京事変 能動的三分間

「能動的三分間」(のうどうてきさんぷんかん)は、日本のバンド東京事変の6枚目のシングル。この楽曲はバンドが2010年に発表した4作目のスタジオ・アルバム『スポーツ』からのリード・シングルとして2009年11月17日にリリースされた。楽曲はバンドのフロント・ウーマン椎名林檎によって作曲され、プロデュースを東京事変が行っている。「能動的三分間」は1970年代から80年代のソウルミュージックとR&Bのフレーヴァーを持つファンク・ソングで、曲のサビ部分ではバンドのギタリスト浮雲によってコーラス・パートが歌われている。

この楽曲は複数の批評家からポピュラー音楽としての楽曲の質の高さを称賛されており、好意的評価を得ている。加えて、この楽曲は商業的にも成功を収めている。日本レコード協会による公式DLチャートRIAJ有料音楽配信チャートでは最高位7位を記録しており、Japan Hot 100並びに日本のCDシングル・チャートでもバンド初となるシングル・チャート首位を獲得した。なお、2009年のオリコンシングルチャートで1位を獲得したバンドのシングルはこれが唯一。

この楽曲「能動的三分間」は椎名が出演している江崎グリコのガム「ウォータリングキスミント」のコマーシャルにCM音楽として使用されている。2009年11月17日には、バンドの公式サイトにて楽曲のミュージック・ビデオのプレミアが行われた。児玉裕一が監督を務めたこのビデオでは、椎名がコマーシャル内で披露したのと同じムーンウォークがバンドメンバーによって再現されている。東京事変は『ミュージックステーション』と『COUNT DOWN TV』でも「能動的三分間」のライヴ・パフォーマンスを行っている。

Wikipedia : 能動的三分間


東京事変 閃光少女

.

閃光少女は2007年11月21日に発売された東京事変の映像作品集。発売元はEMIミュージック・ジャパン/Virgin Music。

2007年に発売されたシングル「OSCA」「キラーチューン」の2曲に加え新曲「閃光少女」(スバル・ステラCMソング)の各PVを96kHz/24bitの高音質で収録。 初回限定版はギザギザ仕様。またジャケットのリモコンを握ってるのは亀田誠治、DVDメニューでは椎名林檎がリモコンを握っている。

曲の内容は亀田がある日、街中で見かけたダウンジャケットを着た少女を見て「この子の将来って、誰に出会って、どういう人生を送るんだろう?」と思い、形を残すべき曲にした語っている。
Wikipedia : 閃光少女


東京事変 キラーチューン

.

キラーチューンは、東京事変の5枚目のシングル。2007年8月22日に発売された。初回限定盤はギザギザ仕様。

前作OSCAに続く2ヵ月連続リリース。
Wikipedia : キラーチューン


東京事変 OSCA

.

OSCA(オスカ)は、東京事変の4枚目のシングル。2007年7月11日に発売された。初回限定盤はギザギザ仕様と、2007年秋に開催される全国ツアー「東京事変 live tour 2007Spa & Treatment」のチケット先行抽選権の案内が封入。

今作は前シングル修羅場から1年8ヵ月振りのシングル。前アルバム大人(アダルト)発売インタビューの際の「(今後について)自分は曲を書かず、作詞と歌のプレイだけに関わったアルバムを作ってみたい」といった椎名林檎の発言の通り、今作では作曲を椎名以外のメンバーが担当した。椎名は公式インタビューで、前作のツアーに披露した浮雲の曲「ミラーボール」は、2007年の活動からメンバーが作曲した曲を中心に行う事の布石と語り、表題作「OSCA」は椎名が浮雲本人に作詞・作曲を依頼。カップリングに関しては伊澤一葉が所持しているデモテープからセレクト、3曲目の「鞄の中身」は椎名が作詞をしている。なお3曲とも2006年の全国ツアー「Just can't help it.」を終え、椎名が斎藤ネコと共同製作したアルバム「平成風俗」の宣伝をしていた時から、製作を開始していた。

なお2007年9月26日にリリースされる3枚目のアルバム「娯楽 (バラエティ)」では浮雲と伊澤一葉の二人の曲を中心に構成されていると椎名は語る。

オリコン週間チャートで初登場第2位を記録した。これは自己最高位タイとなっている。また、4作(アルバムも含めると6作)連続でTOP10入りをしている。
Wikipedia : OSCA


東京事変 修羅場

.

修羅場(しゅらば)は、2005年11月2日に発売された日本のバンド・東京事変の3枚目のシングル。

今作より脱退したメンバーH是都M、晝海幹音にかわって新しく浮雲(ギター)、伊澤一葉(キーボード)が参加。また、今作品以降の東京事変は『第二期』、それ以前は『第一期』と呼ばれることになる

当作品のジャケットにはボーカルの椎名林檎がうなだれたようにベッドに寝ころび、香水を手に持った様子並びにデザインにモザイクがかかった香水が使用されている。ジャケットの椎名の様子同様、次作アルバムタイトルの英表記であるADULTという文字が描かれた香水にモザイクがかかっていることなどから、約2ヵ月後に発売されることになるアルバムへの予告的なものが窺い知れる。

また今作品において、椎名林檎・東京事変名義のシングル・アルバムを通して、初めて歌詞カード内のスタッフ表記が英語になった。
Wikipedia : 修羅場


東京事変 遭難

.

遭難(そうなん)は、2004年10月20日に発売された、日本のバンド・東京事変の2作目のシングル。

今作は、前作・デビューシングル『群青日和』からわずか約1ヶ月という短い期間でリリースされた。ソロ時代の椎名林檎のリリース間隔は半年から1年と通常アーティストが約3ヶ月で新曲を発表していくのに対して、実に長いものであった。その為、今回のわずか約1ヶ月での新曲のリリースは、音楽シーンはもとより椎名林檎関連作に於いても異例のことであった。

前作同様、PVでは「遭難」と「ダイナマイト」の2曲に関連性が持たれている。また、「遭難」のPVにはサビの部分を各メンバーが歌ったバージョン違いが存在する。

また、「遭難」「ダイナマイト」「心」の演奏時間はそれぞれ3.23・2.02・4.04とシンメトリーになっており、ソロ時代から続いていたシンメトリーへのこだわりが、前作同様ここでも垣間見られる。
Wikipedia : 遭難


東京事変 群青日和

.

群青日和(ぐんじょうびより)は、2004年9月8日に発売された、日本のバンド・東京事変のデビューシングル。

三洋電機「au W21SA」CMソングである。

カバー曲である「その淑女ふしだらにつき」を含め、全て椎名林檎以外の作曲。

PVは、「群青日和」のみのもの(CS放送の音楽番組などで放送されたもの)と、「群青日和」と「その淑女ふしだらにつき」の2曲が繋がっている。

c/w曲の「顔」ではボーカルの椎名林檎と六弦 ( エレクトリックギター ) の晝海幹音のデュエット曲となっている。

他の東京事変の曲と比べると、よりロック的で良い意味でも悪い意味でも癖がない曲とされる。

比較的激しい曲→カバー曲→落着きの在る曲という曲順は以降のシングル『遭難』『修羅場』にも当てはまる。

群青日和・その淑女ふしだらにつき・顔の演奏時間がそれぞれ3.33・2.22・4.04とシンメトリーになっている。

第2期東京事変の顔見世ライブ『DOMESTIC!Virgin LINE』ではローテンポに編曲された群青日和が披露された。
Wikipedia : 群青日和


 林檎同盟 東京事変同盟
 R指定 林檎系自発応援屋 椎名林檎研究 林檎姫パラノイア とさか倶楽部 事変日和 林檎狂のお噺 椎名林檎血風録 Shena Ringo Network



ヴイクラブ春日井 V-CLUB KASUGAI
愛知県春日井市白山町6-17-5
TEL 0568(53)0767 
http://v-club.jp
info@v-club.jp
Copyright © 1998 Click., Inc. All rights reserved. Link Free!
to PAGE TOP